アテローム性動脈硬化症を予防!食事療法における注意点

a0002_004143_m

いくつかの特別な食事の選択肢が非常に重要だということがわかっています。塩分と砂糖の摂取する量を減らし、菜食量を増やし、従うべきルールがあるというそれは一体どのようなものがあるのでしょうか?

高年齢でもっとも気をつけるべき疾患は一体なんでしょうか?

アテローム性動脈硬化症の進行を遅らせることを試みる。

この疾患は高血圧、狭心症などの症状があります。そして、最も怖いのが症状が悪くなると – 心臓発作、脳卒中のリスクを高めることがわかっています。だから、まず、コレステロールが豊富な食品を制限することが健康に長生きする秘訣でもあります。例えば、脂身を多く含んだ肉の量を減らし、赤み肉、鶏肉、魚を好んで食べることをオススメします。しかし、赤身の肉に含有されるカルニチンがアテローム性動脈硬化を促進することが明らかにされています。そんな訳で肉ばかりだけではなく、魚を好んで食べたほうが良い、なぜなら魚には多くのTMAOが含まれており、定期的に魚を食べることで、心臓発作や脳卒中を含む心血管疾患のリスクを大きく下げると言われています。

菜食主義者になる?

高齢者の菜食主義は、果物や野菜だけの摂取は、現代の栄養学を拒否します。これだけでは、十分なタンパク質、ビタミンやカルシウムを取れていません。

高齢になるにつれて、食塩を多くとると血圧が上がる人が多い、塩分を取りすぎると、血液中にナトリウムが増えて血圧が上がてしまい、心臓発作や脳卒中を含む心血管疾患のリスクを高めてしまうんです。そのため、繊維を多く含む植物は胃に優しい、果物や野菜に多く含まれる、マグネシウムは、血管を拡張、痙攣の防止に貢献しています。さらに外国人研究者によると、癌の予防として役立つことが明らかにされています。しかし、腎機能が低下していく、高齢者では血中濃度が上がりやすいためにマグネシウムの摂り過ぎは、危険があり、年齢とともに増加します。

このことからわかるようにコレステロール値が高い食品のバター、サワークリーム、ベーコンなどを一緒に食べないようにしてください。料理に使う油やサラダドレッシングなどは、植物性脂肪を使用することでコレステロール値を抑えることができます。

健康になりたい方は、多様でありながらシンプルな低カロリー食品がオススメです。また、甘いものをどうしても食べたい時は砂糖の代用でカロリーを抑えましょう。最近では砂糖に変わる代用甘味料がたくさんあります。それは、素材の甘さと香りを味わえることが魅力です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク