歯を失うことを防ぐ知識

91fe04c205098e12fda936c12ef43eba

歯の健康を守るには半年ごとに歯医者でクリーニングを受けたり、毎食後に歯を磨く事が大切と言われています。

しかし、30年後、40年後に健康な歯を維持できるか分かりません。

スポンサーリンク

デンタルフロス

歯と歯の間は歯ブラシだけで歯垢を落とす事は難しく、一般的にデンタルフロスや歯間ブラシを使用して歯垢を落とさなければならないと言われています。

フロス使用により歯肉の炎症がやや低減することを示した2011年の研究レビューなどを挙げたが、今回の新たなレビューの著者らは、この研究のエビデンスは「極めて信頼性が低い」としている。

デンタルフロスの効果は本当にあるのか?

これまでのところ、定期的な歯のケアでデンタルフロスの使用は虫歯のリスクを軽減するという証拠はありません。

毎年のように歯のX線検査を受ける必要はある?

歯科のレントゲンは年に何回まで問題なく撮影できますか?

おそらく、歯と歯茎の状態に応じて、歯の状態を確認しているのでしょう。

歯磨き粉の効果

歯を磨くことにより、虫歯の発症を抑えてくれます。ある研究によると、フッ素が虫歯や歯の喪失を防ぐ事が分かっています。

近年の研究で、初期の虫歯はフッ素を歯の表面に塗る処置によって修復できることが分かってきた。2~18歳の患者を対象にした研究で、継続的な通院が虫歯の発症を抑えるという結果も出ている。

「かかりつけ歯科医」を制度化へ、歯周病重症化を予防

つまり、フッ素入り歯磨き粉で歯を磨くと、歯に良いプラスの効果が得られます。

最高な歯ブラシとは

手動で動かす歯ブラシより、少々高価な電動歯ブラシのメリット。

日本で発売されている19社30種類の電動歯ブラシの性能をブラッシング後の「プラークの減少率」という視点で比較検討してみました。

電動歯ブラシコンテスト

通常のブラシと電動を比較し、プラークが減少し、歯肉炎の発生率も減少するという。

一日何回、歯を磨けばいいの?

歯を磨くことが楽しい人は少数だと思います。めんどくさい人が大半なような気がします。実際にどれだけの回数磨けばいいのか?毎食後に歯を磨くことが有用であるということが確認されていません。しかし、歯を磨くことは虫歯予防になります。いずれにせよ、明確な事実は未だに見つかっていません。

歯のクリーニングの必要性

クリーニングを行うことにより、虫歯や歯周病、口臭の原因が予防できるだけでなく、歯の表面の汚れや、歯石や歯垢を取り除くことによって、歯の表面の汚れが落ちて白くなったと実感できます。

クリーニングの方法は、薬品を使い自分で行うやり方や、基本的には歯科医師、歯科衛生士によって行われ、専門的な洗浄効果で歯の健康を保ちやすくなります。

年に2回ほど受ければいい。月に1回は定期的なメンテナンスが必要とも言われています。クリーニングは1日で済む事もありますが、数回にわけて通院するケースがほとんどです。

結論

フッ素入り歯磨き粉で一日二回は歯を磨くことに意味がある事が分かりました。

当然のことながら、根拠のない情報に流されないことが重要であり、より多くの研究が必要みたいです。有益な情報でも自己判断で長所と短所を見極めて、比較し検討する必要もあります。

デンタルフロスの使用を継続することにメリットがあります。頻繁に歯医者に行くより安価に歯をケアできるので続けます。予防診断を受けるより、歯医者で適切なクリーニングを受ける事も価値があります。

常に自分の歯の健康を維持することができない事も理解する必要もあります。遺伝的な要因、食生活、唾液の量など様々な要因が影響し、歯の健康を損ねてしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする