ストレスへの対処は食事から補う

e686745e2ad43ae8bd401b8f3de8b97f

ストレスが溜まり過ぎてしまうと免疫力が低下し、風邪やインフルエンザになりやすい体質になったりします。ストレスがひどくなってしまうと、うつ病やプチうつの症状を引き起こしてしまうこともあります。

したがって、眠気、うつ病、一定の不快感を生み出します。ストレス耐性を高めるためにできることは、スポーツ+偏りの無い栄養素=健康維持につながります。食事で補うことができれば疲れやストレスを解消させます。

ストレスをなくす簡単な生活習慣」という記事でも書きましたが、生活していく中でどうしても避けて通る事ができないことが多くあります。ストレスを減らしたり、溜めすぎないように対処することが重要です。

生活習慣を見直すことでもストレスを解消することが可能ですが、普段の食事でも改善することもできます。

とくに仕事の中での人間関係があまりよくないとか、とてつもないストレスの中に生きていているときに、無償にチョコレートを食べたくなることもありますが、チョコはストレスホルモンが軽減することができます。

甘いチョコだけでなく、イライラして仕事に集中できない時に飲んだり、食べたりすることでストレスに対処することができます。

スポンサーリンク

ストレス解消に役立つ食品

ストレスが溜まり過ぎてしまうとコルチゾールというホルモンが分泌されます。コルチゾールは、体内の炎症なども含めた体の調整に大きな役割を果たしています。これによって、血圧や血糖レベルが高くなってしまいます。

つまり、この状態が続いてしまうと、常に心拍数の増加や血圧上昇、糖代謝がおかしくなってしまいます。血糖のコントロールを悪くなり、肥満になったり、心臓に過剰な負担になってしまうということです。

とにかく、食事からもストレス対策することも大切なポイントです。

■バナナはカリウムが豊富に含まれています。体内に過剰に溜まった塩分と水分を体外に排出してくれ、血圧を調節してくれます。

■サーモンや青魚に含まれる「オメガ3脂肪酸」はストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールやアドレナリンを抑える効果があります。体内で合成できないオメガ3脂肪酸は、記憶力と集中力を向上させます。つまり、ストレスが原因の不安を軽減することができます。

■ブロッコリーや葉物野菜に含まれる「葉酸」と呼ばれるストレス対処に役立ちます。葉酸には、不安になった気持ちを穏やかしてくれる脳内物質、ドーパミンの生成を促進する働きもあります。

■ストレスで甘い物を食べることで、解消することができます。しかし、食べ過ぎによって糖分を摂りすぎたりすると、過剰に皮脂が分泌され、脂っぽい皮膚が臭ったり、肥満につながります。

■紅茶は、体内のストレスを緩和させることができます。ロンドン大学の研究によると、6週間にわたり紅茶を1日4杯飲んだ人は、ストレスホルモンのレベルが下がることが分かっています。紅茶は生産性を向上させ、気分を向上させるカフェインを含んでいることを覚えておいてください。イライラを感じたら、コーヒーよりも紅茶を飲んだ方が良いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする