幼児や肌の弱い人に優しい蚊を寄せ付けない環境作り

e4a580780592a5c3052ef9a7c06ebda5

暑い季節が近づいて、刺されると痒くなる「蚊」が多くなるこれからの季節、夕方にベランダで小さな家庭菜園をしている時に小さな蚊の群れに襲われています。

暑い夏は大好きですが、寝ている時や作業中に刺されるとイライラする厄介な蚊ですが、対策に薬局で買ったスプレータイプやマット式が役立ちます。しかし、小さなお子さんがいる家庭では控えたほうがいい場合もあります。

最近まで知らなかったことですが、蚊を落とすスプレーに使われる石油由来の虫よけ剤は、小さな子供がいる家庭では使わないほうがいい場合があります。ニオイが気になったり、幼児や肌の弱い人には望ましいことではない成分が含まれています。

なので、肌に優しく自然なものを使った人気と実績のある方法を探してみました。本当に効果があったり価値があるかもしれないので試してみてください。

スポンサーリンク

植物

ミント、ヨモギ、バジルなどの食べられる植物は、蚊が嫌う香りを放っているようです。本当に効果があるようで、家庭菜園中にミント葉をちぎり、手首や手足に少しこすり付ければ天然の蚊除けになります。

これらの植物はただの薬用に使うだけでなく、食卓に並ぶサラダやてんぷらなど料理に使えるので、蚊よけになるので、家庭菜園にチャレンジする人は育てることをお勧めします。

エッセンシャルオイル

アロマオイルを楽しんでいる人は蚊に刺されにくいかもしれません。例えば蚊よけに効く、アロマの成分はオレンジ、ラベンダー、ティーツリー、ゼラニウム、クローブ、ミント、タイム、シトロネラなどの定番の種類に効果があります。

蚊取り線香の代わりにアロマキャンドルを燃やしたり、スプレー容器に無水エタノールと精油を配合して、天然の蚊よけのスプレーを作れたりします。

バニラエキス

お菓子作りで使う「バニラエキス」は、甘い香りが特徴で人間が嗅いでも嫌な香りはしませんが、蚊はコレが大嫌いだという。外に出る前に少量の有機バニラエッセンスを小皿に移し、手首や首、肘や膝の後ろに付けておくと効果的です。

その他に役立つ対策

他にも沢山の蚊よけ対策があるようですが、正直、実用的ではありません。例えばニンニクやセージ、レモングラスなどが含まれた、蚊などの虫を寄せ付けない製品があります。さらに蚊はタバコの煙や汗の臭い匂いが好きではないそうです。

蚊は汗を掻くと近づいてくるよ!と、言われていましたよね。実際に汗を掻いたからよってくるわけでなく、汗を掻くときに出す乳酸という物質に惹かれて、血を吸いに来ます。なので、運動好きな人ほど蚊にモテるというワケです。

運動前にアロマスプレーで蚊を寄せ付けない!私は最近、エッセンシャルオイルに夢中になっているので、今すぐにでも実行できます。アロマはいろいろと種類もあり、効果があるのか、実際に試して見るつもりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする