正しいスキンケアお肌と体に優しいお話です。化粧品やスキンケア本当に必要なもの

318003585b8c0191ab949bba01eb4

見た目通り、美しいボディライン健康的で光沢がある髪、滑らかでハリのあるお肌を想像したことがあります。外見の美しさはそう簡単に得られるものではないと、理解はしています。

女性の年齢に関係なくお肌が美しい人たちがいます。見るからに魅力的なアーティストに女優さんを拝見していると、どれだけのお金と時間をかければいいのだろうか?安易な考えが脳裏を蝕んでいましたが、間違っていました。

知識を詰め込むだけでは意味がなく、実際に試すことで分かってきた事があります。

スポンサーリンク

スキンケアとは

概念がイマイチ良く分からないです。

この言葉の意味をよく知らなかった。何となく、化粧水やら洗顔料のイメージぐらいしか沸いてこなかった。

今更だけど、お肌のトラブルを引き起こす事を防いだり、避けることをスキンケアというと思うんです。

日々の食事のバランスが悪ければ健康的な暮らしを送れなくなり病気になり、お肌に影響を及ぼします。また大都会や地方など住む地域によって、お肌の質に違いが出てきます。

皮膚に良くないと言われる「排気ガスや塩素水」花粉症など、目に見えない影響もあります。化学薬品やストレスなどの他の要因が関係している事もあります。

正しいお肌のケアが出来ている完璧なライフスタイルを送っている人でも、何が原因でお肌のトラブルになるか分かりません。

私はスキンケアについて、普段から疑問に思う事が多いです。

そもそも常に皮膚を清潔に保つ必要はあるのだろうか?やり過ぎも良くないことは分かっています。例えばほこり、皮脂、古い角質を放置すると、お肌が炎症を起こし皮膚のトラブルにつながります。

私たちのお肌は環境や気候により変化しており、なかなか今日のお肌の調子はどうだろう?と見定めて、よりよいケアが出来ないです。肌に優しいと言われる「温度と湿度」ではなんか、肌の調子がいい気がする。そのように感じることができます。

お外が暑くても湿度がなく乾燥している状態だと、乾燥した空気によりお肌がバキバキ状態になります。これを放置していると、初期のしわを生み出し早期老化への下り坂に突入します。

ストレスを抱えたまま洗顔のやり方を間違ったまま数か月続けていくと、高確率でなんらかの変化が皮膚に起きてしまいます。

外側に努力を注ぐより、内側を柔軟に思考する方が賢い選択になります。

一般的に脂分が過剰、乾燥が組み合わされることにより、肌がたるんだり、シワが増える現になりますが、スキンケアの仕方は化粧品の種類や、条件によって多少の違いが出てきます。

生まれつき正常な皮膚を持っている人は「運がいい」と思います。ぱっと見るだけで弾力性が高いお肌を持ち、触ったら滑らかで、ピンクの褐色を放ち見るからに健康的な人です。

スキンケア洗顔のやり方

顔を洗う方法があるなんて、考えたことがなかった。本当に適当に洗顔料を泡立ててゴシゴシ洗っていました。後から、これがダメだと気づきました。

ついつい忘れがちになりますが、スキンケア製品より普通に水が大事だという事を知っていますか?

汚れを落とすには水を使います。ベタベタ油や肌から噴き出す排泄物や目に見えない微生物をきれいに落とす必要があります。水だけでもある程度、落ちます。

また温かい、冷たい水で交互に顔を洗うことにより、血液循環が良くなります。栄養や酸素を運ぶという血液の流れが自然になり、それにより血行不良によるクマ・くすみが改善されます。

洗顔フォームで洗顔する時に顔を洗いますが、温度は熱すぎず、冷たすぎない程度が理想です。

最後に水は塩分や不純物を含まない、きれいな軟水でなければなりません。日本の水道水はほとんどが軟水と言われているので、問題ないです。

洗顔料・石鹸の選び方

顔を洗う時に使用する洗顔料の種類は豊富にあります。泡タイプ、液体タイプ、また固形石鹸を使うのではないでしょうか。

ほとんどの人は、帰宅してから一日一回の頻度で肌をきれいにしていると思います。一日に何度も洗顔料を使用すると肌に過剰な刺激を与えてしまいお肌が炎症を起こし、乾燥肌になりやすくなります。また乾燥肌、脂性肌、アトピーなど、肌質によって、石鹸も変わってきます。

洗浄力が強すぎて、皮膚の油分まで取り去っていく特別なクレンジングクリーム、液体は、肌の毛穴に浸透して頑固な汚れを落としますが、安全性を考慮して化学添加剤を使用していない石鹸がおすすめです。

原材料のオイルは、洗い上がりの質感が違ってきます。オリーブ、アーモンド、桃、紅茶やハーブなどの精製油を使用することができます。洗った時にしっとりしているか、さっぱり、すっきり感など、使い心地で選ぶことができます。

顔を洗い終わった後にタオルで顔を拭きますよね。その時に顔をこすらないで、タオルで優しく肌を抑えて水をふき取ります。これは、シワを進行させます。

外出する時は、必ずSPFが入ったUVクリームや、保湿クリームを使用して下さい。紫外線をカットするだけでなく、冷たく強い風が吹く時期には、脂肪等が少ない目元は特に十分にクリームをつけてほしいです。

スキンケア:フェイシャル

ここでは「フェイスマスク」について、お話します。マスクを使いお肌をきれいにする前に手を洗います。清潔な手で化粧品を使用しないと、細菌だらけのままケアすることになります。フェイスマスククリームを使う場合は、スプーンのヘラ、 マスクプラスチックスプーンを使う必要があります。

マスクを剥がす時は、水またはぬるま湯で行います。力を入れずにそっとはがじますが、残った場合は綿棒を使用すると、簡単に取れます。

お肌の栄養とマッサージ

皮膚がたるんだ場合は、マッサージすると改善します。美肌マッサージで体の中の血液循環が良くなり、リンパ循環が促進されるため皮膚への栄養供給が活発になり、その結果、新陳代謝も促進されます。

食生活のバランスが悪いと、お肌をマッサージしても改善されません。新鮮な果物や野菜、卵、魚、肉、乳製品を摂ることにより、血液循環が良くなり、皮膚の栄養が隅々までいきわたります。

血管や筋肉が弱っていると、頬のたるみを生み出すので、マッサージサロンに通う事をお勧めします。顔周りをほぐす事により、リンパの流れを良くして老廃物を流し、コリやむくみを取ることが出来るマッサージです。お店のスタッフによる説明を受けると思います。

スキンケアボディ

お顔の肌だけをキレイにしようと、努力してもいいですが、体の隅々までケアが必要です。全身のケアを怠ると首、胸、太ももや二の腕の弾力が失われてたるんでしまいます。

体内の血液の流れが弱いと毒素たまってしまい、内側から引き締める力が弱まるため皮膚がたるんでしまいます。だから毛穴が詰まらないように体から毒素を除去し、酸素や栄養素を皮膚へしっかり送り「呼吸」することが大切なのです。

スキンケア化粧品

化粧品会社が提供するスキンケアは膨大なため、一体何を使えばいいのか?分からぬまま使用している人も多いと思います。ゲル状、スクラブ、乳液、ローション、クリームなどがあります。

朝のメイク前にマッサージをして血色がアップし、顔の筋肉をリラックスすることにより、それだけで透明感が出てきます。メイク汚れ、空気の汚れ、古い角質を落とすために使うスクラブがお勧めです。この方法は、丁寧にスキンケアをしても、いつの間にか溜まっている毛穴の汚れの場合に効果的です。

スクラブを使用する前にお風呂の蒸気で肌と毛穴を柔らかくします。洗う時は緩やかに下から上に動かし3~5回ほど軽くこすります。円を描くようにスクラブをこする必要があります。

お肌が傷つく可能性があるので、頻繁にスクラブを使用する必要はありません。 1週間に1回程度で十分です。乾燥肌の時は洗顔料を使用しないマッサージで毛穴の汚れも落とせます。

オールインワンゲル(ジェル)保湿成分配合を使うと、お肌をきれいに維持する事ができます。しかし、種類が多く、どれを選べばいいのか分からない時があります。

そういう時は個々の肌質によって選ぶと失敗しません。

乾燥肌の方は、高保湿」や「セラミド」といった成分で選ぶといいですよ。ハリや弾力を求めるのであればコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を保つ成分が配合されたモノを選びます。美白効果が高いタイプが欲しい場合は、ビタミンCやビタミンC誘導体、ビタミンEといった抗酸化作用を選びましょう。

スキンケアお風呂

お風呂がストレス解消の手段になります。疲労やストレスが溜まってしまうと表情も険しくなり、老化が促進してしまいます。日常が楽しいとほうれい線が目立たなくなり、肌のたるみも防げるので美容効果にも期待できます。

自宅にあるバスタブは最強のスキンケアの道具のひとつです。またお風呂の湯気でふやけた肌を洗うだけで、天然のピーリングになります。アロマお湯に浸かるだけで、日々のストレスや仕事の疲れも薄れ自律神経も整いリラクッスできます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする