顔のニキビを治す方法「自分で」辛抱強くやらなくては効果がない理由

efb0a7cb6f818fdbbe0825c584a2dbba_s

男女を問わず、大半の人は顔に白・黒・黄・赤など小さな吹き出物に不快感を抱いたことがあると思います。

ニキビは脂性肌、またはオイリー肌と呼ばれる肌質の人がなりやすく、その原因のほとんどは、皮脂腺が閉塞して起きてしまいます。にきびは重症になってしまうこともありますが、しっかり、汚肌をケアできていれば重症化する事はないです。

それでも無数に点在するニキビがあると、相手に良い印象を残せません。問題は男性・女性にかかわらず誰にでもできます。

ただ治すだけでは同じ過ちを繰り返してしまう可能性があるので、予防する知識を身に付ける事が大切です。

スポンサーリンク

にきびの原因

皮脂の分泌はホルモンバランス影響しています。これが不安定となることで、細胞がより劣化し肌トラブルが多くなります。皮脂腺が正常に働いているときは、毛穴が詰まることがありません。皮脂が過剰分泌されることがなく、均等に保護機能が働きます。

つまり、皮脂腺が皮脂や古い皮膚組織などの老廃物を毛穴を通して、外に排出し汚れを詰まりやすくならないようにしてくれるという事です。

毛穴のトラブルを引き起こさないように女性ホルモンを整えるだけでなく、古い角質を取り除くケアが必要です。洗い残しがあると皮膚の表面上に残る「皮脂」が毛穴に詰まることによって、「アクネ菌」などの雑菌が繁殖します。

特に女性は雑菌だらけの顔に化粧をすることで肌を覆ってしまいますが、これが黒ずみなど色素沈着を起こして、顔の黒のドットが残ってしまいます。

基本的にニキビの原因は毛穴が詰まる事で引き起こされますが、慢性疾患、栄養失調、ストレスなどの様々な理由で発生します。しかし、健康的な人の肌でも起きますし、乾燥肌な人もニキビが発生する可能性もあります。

ニキビの治し方

ニキビを治すと高々に宣言しているけど、そうそう単純ではないです。サロン、ニキビの症状にピンポインに効く化粧品や、医者から処方される外用薬(塗り薬)を使い対処することができます。

炭酸ガスレーザーやYAGレーザーなどの治療方法や、症状によって抗生剤、ホルモン剤の飲み薬が処方されることもあります。

ニキビの症状が軽度ならば自分の健康を気遣い、食事のバランスを整えたり、代謝を促すために運動を取り入れますが、重症な場合は、お医者さんに相談しましょう。

なんだ!簡単にニキビは治せるじゃんという理想は捨てた方がいいと指摘します。ニキビが治るとうたった「クリーム・ゲル」化粧品がメーカーから豊富に発売されています。今の化粧は効果的に作用しますが、自分の生活習慣に甘えがあると、ニキビは治りません。

肌トラブルの半分は体の内側の健康を労わらないから起きる事を忘れない事です。例えば脂肪が豊富なお肉を食べて、食後に甘いスイーツをバクバク食べていたら・・結果は分かりますよね。

バランスの取れた食生活を心得て、野菜不足などならないようにする。しかし、食事だけでは一日の栄養を補いのでビタミン剤やサプリメントの服用もします。内側から綺麗になる思考を持つだけで、肌の表面だけをケアしても意味がないことが分かります。

ニキビに効くスキンケアの選び方

スキンケアを選ぶ時は、ビタミンA、ビタミンC、レチノイド配合されたものが効果的です。これらの成分は毛穴をキレイに維持する効果があります。レチノイドと聞きなれない成分は
皮膚疾患を治療するために使用されます。

つまり、これらの成分を配合したスキンケア、すべての肌タイプに有効であり、ハイドロキノンやトレチノインなどの配合されたクリームは特にニキビ跡や黒ニキビの改善に効果的です。

ニキビに効果的な「アゼライン酸」があります。これは抗菌作用があり、皮膚科で処方されることが一般的です。ニキビ治療の医薬品として処方されますが、海外の化粧品に配合されています。

ニキビに効果的なクリームに配合されている一般的な成分は、サリチル酸、レチノール、亜鉛、硫黄、ビタミンA、E、C、精油などの様々な植物から抽出したエキスが含まれたものを選びます。これらは皮脂腺を正常に整えてくれるだけでなく、ニキビの発生や、炎症を抑えてくれます。

参考に「クリーンスキン」を掲げる有名な化粧品メーカーを紹介します。

■ヴィシー「Vichy Laboratoires Normaderm Triple Action Anti-Acne Hydrating Lotion

■ロレアル「ラロッシュポゼ エファクラ ローション[薬用化粧水][にきび][さっぱり][日本ロレアル]【にきびができやすい肌用(普通肌~オイリー肌)】(LA ROCHE-POSAY EFFACLAR )

■ニュートロジーナ「Neutrogena Rapid Clear Oil-Eliminating Foaming Cleanser 175 ml」などが信頼できると思います。

オイリー肌、敏感肌、乾燥肌に適したタイプの化粧品を選ぶ事が失敗しないコツです。

日々のケアを忘れないことが「ニキビ」を作らない

やっかいなニキビを増やさない方法です。

朝と夕方にきれいにしっかり洗顔する。一日で溜まった皮膚の表面や内側の汚れ、皮脂、メイクや古い角質を落してください。汚れた肌は、乾燥やターンオーバーが正常でなく、古い角質が毛穴に詰まることにより、ニキビの原因になります。

ちなみに洗顔する時は赤ちゃんの肌を撫でるように刺激を与えず、泡だけで優しく洗うことが重要です。

もし、初期の軽い吹き出物のケアを怠ってしまうと、炎症が真皮や皮下組織など肌の奥深くに届き、炎症が収まってもニキビ跡になったり、黒ずんだり、黄色くなったり最悪な状態のニキビになります。

それからお顔のケアが完璧でも室内が乾燥していると、意味がありません。まず肌が乾燥しないように水分補給したり、エアコンや暖房を付けると同時にお部屋を加湿することが大切です。

肌が乾燥しやすい、冷え性気味な人は新陳代謝を低下しているので、肌のターンオーバーが低下してしまい、ニキビが発生しやすくなります。まず、脂肪や甘い食べ物、アルコール、コーヒーなどを過剰に摂取しないようにします。緑黄色野菜、新鮮なハーブ、乳製品、果物など栄養バランスが優れた食べ物と無理のない適度な運動し、身体の内側から血液の巡りをよくすることが大切なんです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする