使用済み切手の収集に欠かせないコツ、不用品でも集めると楽しい!

4741feb3e68d580c2fb7bfa2f7340721_s

ハガキに貼られている「使用済み切手」刻印された切手は、再度使用することはできませんが、切手収集している方には人気です。使用済みの切手なんて・・・興味がない人が大半だと思います。私自身も昔はハガキごと捨てることが多いですが、デザインが綺麗なものを趣味で収集したり、そうでない切手はまとめて集めて寄付しています。

スポンサーリンク

切手収集って面白いの?

切手集めはちょっとした趣味に最適です。お金を掛けずに少しずつ集めていけますし、手軽に始められることが一番良いところでもあります。切手を収集しているとアンティーク風、植物、人物といった具合に多彩なデザインを集めていくうちに一冊の切手コレクション出来上がって、それを見ながら心を癒しています。切手は意外と集めることができます。

新品の切手を買ったり、オークションで入手できますが、出来る限り安く楽しみたい方は使用済みの切手を集めることをお勧めします。郵便はがきにだいたい付いているものを剥がしてコレクションすること可能です。また親や友人に貰うことで効率的に収集することもできます。

さらに使用済の切手でも安く買うこともできます。切手の大半が100円以下購入できるので、あまりお金を掛けずに集められます。一枚一枚集めていくとある時期からファイルが小さな美術館の様な美しい世界に変貌していきます。レアな切手を集めなくても一般的な切手だけでも充分に楽しむことができます。

そもそも私が切手を集めていたのは、JOCSに「寄付」するためでした。使用済みの価値がないありふれた切手でも数千枚溜まれば千円ぐらいになります。

JOCSの使用済み切手運動は、多くの個人切手収集家に換金をお願いしているため、業者による買取よりも換金率が高く、皆さまからご寄付いただいた切手寄付の価値も相対的に高くなります。

このように一見役に立ちそうもない使用済み切手でも人材協力や教育支援といった形で役立つという分けです。

使用済み切手のはがし方

一度ハガキに貼ると簡単に剥がれないことが普通ですが、簡単に剥がす方法があります。

まず、ふちが広いコップに温かいお湯を入れて準備します。次に封筒やハガキに付いた切手の周りをハサミで切り取り、熱くないぬるま湯ぐらいのお湯の中に三十分ほど入れておいて下さい。一定時間付けておかないと破けたりして失敗しやすくなります。

三十分経過したら紙から切手が簡単に剥がれます。思ったように切手が剥がれない感じなら再度付けておいて下さい。

優しく乾かす

一度水に浸してしまうと破けやすいので慎重に乾かす必要があります。

ティッシュやタオルで拭くとホコリや切れ端が付くことも。それを避けるためにペーパータオルで表面を軽く拭き、挟みながら乾燥させます。ペーパータオルに切手を挟みながら上からタオルで体重を乗せて乾かしても大丈夫です。

形が悪いなら切手を本に挟んでみる

一度剥がしたり、水に濡れてしまうとふやけますし、なんかごつごつと形があまりよくない切手になってしまいます。そんな時に役立つのが子供の頃やった押し葉のやり方です。小学生の頃にもみじとかの葉っぱを挟んだようなやり方と同じです。

紙と紙の間に切手を挟み入れて重い本の間に挟むか、重石代わりに乗せると新しい切手のような綺麗な形になります。

保存方法はそれぞれ

世界各国の切手を収集したいと思ったらカテゴリー分けをしていると整理しながらまとめられるのでとても便利です。

封筒やファイルに国名、花、鳥、動物、人物、記念切手などデザイン違いよって分けてみても楽しいと思います。「テージー スタンプアルバム デラックス B5 SB-306-02 青」を利用すると簡単にまとめられます。

私の場合は以前アルバムにしていましたが、今は切手を封筒に雑に入れて保存していますが、それでも十分です。たまに全部テーブルに出してみて、並べながら楽しんでします。アルバムだと一枚ずつ、取り出さないといけない、面倒な遊びだからできないという分けです。自分に合ったやり方を試して見て下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする