コーヒーに含まれるクロロゲン酸が秘訣「1日3杯が効く コーヒーダイエット」とは

a1188545op126_m

今も上質なコーヒーは、世界中で愛され、多く研究されている食品でもあります。

香ばしい、コーヒーの香りが脳機能に与える影響は、様々あり、人の感情コントロールやリラクゼーション効果を持つことが立証されています。

コーヒーパワーはそれだけではなく、コーヒー生豆の成分中10%程度を占める「クロロゲン酸」と呼ばれるものが高いダイエット効果が期待できるようです。

こちらの書籍「1日3杯が効く コーヒーダイエット―いつもの飲み方に+αの新発見 (主婦の友生活シリーズ)」では、コーヒーに含まれる。カフェインとクロロゲン酸の両方に、脂肪分解を促進する効果があることが詳しく掲載されています。

「コーヒーダイエット」とは、1日3杯のコーヒーを飲むことで「血糖値を下げる」「脂肪や糖質の吸収を抑える」「体脂肪を燃やしてくれる」というクロロゲン酸の働きを助けにしたダイエットのこと、と紹介されています。

本書では、やせやすい体をつくるクロロゲン酸のメカニズムを丁寧に解説しながら、コーヒーの基本の飲み方や、実際にダイエットに成功した方々の体験談を収録した「コーヒーダイエット」がよくわかる一冊です。

カフェインとクロロゲン酸が秘訣!

コーヒーに含まれるカフェインを摂取すると交感神経を優位にして、脂肪の代謝を促進する効果があります。実際にどれくらいの時間で、効果が出始めるかというと飲んでから30分後!飲んですぐに運動しても効果がなく、逆に遅すぎてもダメだと言う。

コーヒーを飲む時間帯にも気をつけたいですね。

午後2時以降にコーヒーを飲むと睡眠の質を下げると言われています、飲むのは午前中~午後のほうが最適のようです。

また、深煎りよりも、浅煎りコーヒーの方がより、体脂肪を燃やしてくれるコーヒーポリフェノールと呼ばれる「クロロゲン酸」を多く含むようです。

コーヒーポリフェノールには、血管機能を効果的に改善し体脂肪低減作用があることも分かっています。

さらに、コーヒーをダイエットに役立てた体験談として、97kgから48kg体重を落として49kgになった、女芸人まぁこさんを紹介。出産で増えた体重を5kg落とすのに成功した主婦も登場します。いつも飲んでいるコーヒーに、+αで、クロロゲン酸のやせパワーを味方にする方法を紹介します。

トレーナーの正確な指示により、運動の30分前にコーヒーを飲むことで脂肪を燃えやすい体の状態にして、「脂肪や糖質の吸収を抑える」ことにより、脂肪がたまりにくい体質にできいたことがダイエットを成功に導いた要素のひとつに上げていますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク