子供の肥満にまつわる深い話。小さい頃から甘いものを食べすぎで健康リスクを高める

肥満の問題は、現代の食生活に関連しています。この病気の起源は子供の頃から食生活偏った場合に、多くの疾患の危険因子であるされている。人はなぜ太るのか?この病気を予防するには?

スポンサーリンク

肥満の要因に関することはどれくらいあるのでしょうか?

食料生産の高度な技術の発展は、第一に、新たな要因として挙げられるのが、高カロリー食品です。

この技術は、甘い食べ物が様々病気につながる。さらに生活習慣に伴う健康リスクを低減するように工夫された低下カロリー食品です。

私達が普段スーパーなどで選んで食べている、食品は幅広い選択を提供していますが、それは常に便利で高品質のものとはかぎりません。もちろん、うまい商品は全否定しませんが、実際おいしそうに印刷された商品のパッケージは場合によっては、過食につながる恐れがある。

甘くおいしいコーラなどの炭酸水は、長年子供たちに愛されたが、健康によくないことがわかっています。

実際に米飲料大手のコカ・コーラでは、全世界で子供向けの広告を中止することを発表しています。炭酸飲料の小型ペットボトルにはどれくらいの量の砂糖が入っているか知っていますか?驚くことなかれ、炭酸飲料の小型ペットボトル一本には、スプーン13~15杯の砂糖が入っています。

情報と情報化の時代の変化による、遊びのあり方が劇的に変化

ゲーム、ネットなどで生活が不規則になりがちになり、現代社会が24時間化するとともに、生活は夜型化し、睡眠時間は減少していくなかで肥満化が進んだと考えられます。

正常体重ではない子供の肥満は様々な問題が含まれています。

例えば子どもの生活時間の夜型化や睡眠時間の減少は、成長の遅れ、注意や集中力の低下、眠気、易疲労感などをもたらします。

糖尿病、高血圧など中年だけが掛かると思われますが、肥満や生活習慣病は子供でもなります。うつ病などの発症率を高めたり、もしくは症状を悪化させたりする危険性があることがわかっています。

肥満の原因は年齢と関係あるのでしょうか?

子供年齢が低く肥満気味な場合は小児科の先生に相談する必要があります。

その理由は「小児肥満症」と呼び、疾患としてとらえ治療が必要とされています。

余分な体重の理由の一つに挙げられることは、不健康な食生活やバランスの悪さにあります。解決策として効果的とされるのが、子供の栄養バランスの取れた食事が重要になります。

また、赤ちゃんに母乳を与えている、お母さん達はインスタント食品や加工食品に注意して欲しいです。

これらは添加物や油脂類が多く含まれるので、なるべく避けて、旬のおいしい野菜や魚を取るといいです。

将来子供達が肥満にならないためにこれらは母親としての重要な役割を果たすために大事なことです。もうひとつの肥満原因に考えられるのは、遺伝的因子である。これは、親や親戚が太る体質を持っている場合は、子供が自分の体質を継承することを意味します。

第二の要因は、ライフスタイルや食習慣が関係している。

家族全員が過食に慣れている場合は、もちろん、幼い頃から子供が太りすぎの原因になります。

子供に合った、痩せる投薬はない。(副作用があるからです)子供が減量のために成人で使用されているすべての薬は使用できません。肥満に対するもっとも効果があるのは、やはり小児の治療と予防のいい方向は、基礎的な成分、栄養バランスが取れて、低カロリーな食事の摂取が効果的だと思われています。

肥満は病気?

米国で「肥満」は「病気」と正式認定されています。

これは、心臓血管系の疾患になることや将来の深刻な病気の素因となることから肥満が問題となっています。

この病気は子供頃の幼児期に高いコレステロール値の摂取により、生活習慣病の要因になります。この要因は、将来的にアテローム性動脈硬化症の発症を伴うリスクが高まる。そのため太りすぎの肥満は将来重大な病気を引き起こす。

家族関係がうまくいっていないと肥満になる

家族の中でストレスの多い状況では、常に子供の中枢神経系の異常が顕著な興奮を引き起こすことがわかっています。

例えば親子関係がうまく行かず、子供が寂しさからくるストレスで食欲に走らせることも、もちろん逆に食べないことも、さらに赤ちゃんが食べることを拒否することも起こることがあります。

多くの子供たちの心は体重と関係していることも

当然、子供の心は繊細で脆弱である。

そのため、学校や家族の間に心理的な重要です。両親は時間があなたの子供が問題を推測し、医師内分泌の助言を求めることを確認するためにすべての力を指示する必要があります。家族の中で食生活を改善し開始することが最初の入り口になります。

肥満を防ぐには特別な注意を払う以外に何が必要?

繰り返しになりますが、不規則な生活習慣の改善が望ましい、家族のライフスタイルが急激に変化しなければなりません。

家族の摂食行動を変更する必要があり、子供が健康に生きるために重要です。母親や父親が甘いケーキやドリンクを飲み、高カロリーの食事を取っているとやはり、子供も影響をうけてしまいます。肥満に効果的な食事法を学ぶと改善されやすいです。炭水化物、脂肪、繊維が豊富な野菜(大豆、植物油)に置き換え、消化性が悪い炭水化物や脂肪とさよならする必要があります。

親がする必要がないことは、それは物理的なストレスを幼い頃から与えないことをあなたの子供に教えることです。それは、シンプルな家事から始まる。たとえば、子供と一緒に家の掃除、家から近い場合には、お店に行く時には歩く、午前中にジョギングやスポーツすることが一番だと思います。何事もバランスですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする