普段ならそんなに欲しくもないのに急に食べたくなる原因は栄養素が不足している

a1370_56000413_m

昔から栄養を取りすぎが懸念され、現在は、肥満などが増えて足りているといわれるものまで栄養素不足が「Learning to Listen To Your Body: What Food Cravings Are Really Trying to Tell You」という記事で指摘されています。

そんなにも好きでもなく、普段あまり食べない食品を摂取している場合は、必要な栄養素が足りないという。食べた後もなにか物足りないのはカロリーは十分だけれど、栄養素が足りてないよというサインなのかもしれませんね。

チョコレートが無性に食べたい

甘いチョコが無性に欲しくなるのは、原因は身体がマグネシウムを要求している場合があるようです。生理中ではないのにチョコレートが食べたい人は「マグネシウム」が絶対的に足りないようです。

欲しい:チョコレート
足りない:マグネシウム
栄養を補う食べ物:ナッツ、種子、果物、豆類や豆類。

パンが食べたい

パン食だけでは、肉や魚などのたんぱく質が不足しがちです。

ご飯やパンやパスタに含まれる、炭水化物が足りない状態になると、筋肉中のタンパク質を代わりに使うようで、脳を動かしているのは、たんぱく質が重要で、その脳を作るために必須なたんぱく質をしっかりと取らないと頭の中で物事がうまく整理できなくなり、イライラしたりするようです。

欲しい:パン
足りない:タンパク
栄養を補う食べ物:タンパク質の高い食品(肉、魚、ナッツ)

とにかく甘いものが食べたい

特にたんぱく質と脂質が足りないようです。脂質が少ないと、お肌全体のみずみずしさもなくなる。 それにより、ニキビや肌荒れが起こる。

欲しい:甘い
足りない:グルコース
栄養を補う食べ物:蜂蜜、甘いベリー類、野菜や果物。

炭酸飲料が飲みたい

炭酸飲料が異常に飲みたくなる時は、カルシウム足りてない。

カルシウムは重要な栄養素で、不足しているとさまざまな疾病をもたらす危険をはらんでいる。とりわけ、女性は骨粗しょう症リスクが高いので、気をつけたいですね。

欲しい:炭酸飲料
足りない:カルシウム
栄養を補う食べ物:ブロッコリー、ピーマンと豆、チーズ、ゴマ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク