フィットネスの種類が多すぎる。初めてでどれを選べばいいのかわからないを解決

Fitness Party

私が生まれるずっと昔から確立された運動がありますが、例えば水中の中に入って体を動かすという今では当たり前の水中エアロビクスがあります。水中で運動を行うことを想像すると、なんだか難しいように感じます。しかし、近年ではスポーツクラブが様々な武道の技術に基づいて、プール内で積極的に取り入れています。

フィットネスと名が付く、運動は体重を減らす、筋肉を付けるなどの健康面をよくするので、運動が苦手な人や続けるのが難しい人は、高負担なフィットネスを避ける事をお勧めします。

運動とは程遠い、生活を送っている人ほど、フィットネスに通い続ける事が難しくなります。だから、これならできそうだ!という手軽なフィットネスを見つけてみて下さい。

水中運動の種類と効果

一見身体に負担になりそうですが、水の抵抗を運動に取り入れることで、筋肉や関節にあまり負担を掛けず、脂肪燃焼、筋肉アップができます。

・「アクアボクシング​​」

・「アクアキックボクシング​​」

・「水中エアロビクス」

浮力によって腰や関節に問題がある方でも医師の指示を受けて行える運動です。特に身体の協調とバランスを維持する素晴らしい方法です。

「アクアステップ」と呼ばれる。ステップ·プラットフォームという特殊な台を使用した、昇降運動があります。プールの底に取り付けられた台に足をかけ行います。単なる昇降にとどまらず、膝上げ、膝曲げを組み合わせて下半身を主としたエクササイズです。

この上下運動の効果は理想的なラインをつくり、太ももやお尻を理想な形を形成し、美しい筋肉を育て、セルライトにも対処することができます。

フィットネスの種類は膨大?

フィットネスは健康の維持、増進を目的とした運動となっています。新たな、フィットネストレーニングが世界中で生まれています。

定期的な持久性があり、良いトレーニングを行うと様々な疾患や身体リスク減らします。

心臓および血管を持久力を向上させ、脂肪を燃やすし易い体になり、精神的にも肯定的な感情になりやすいと言われています。

様々なダンスを取り入れている

フィットネスクラブでは、ラテン、モダンジャズ、ファンキー、ヒップホップ、タンゴ、クラシックダンスなどを融合、アレンジして、ダンスに組み込んでいます。

西洋の魅惑が詰まった。ダンスの振り付けと高度な動きや誰でもできる動きは、女性達を魅了し普及しました。

情熱的な、速いダンスは余分なカロリーを消費する

フォークダンスのように有酸素運動と筋トレを交互にやる動きは、健康維持や体重を効果的に減らしかなりの利点を持つことができます。

セクシーで情熱的な振付やアクロバティックな動きは、下半身の引き締めにも効果的、情熱的なダンスは否定的な気持ちを吹き飛ばすだけでなく、脂肪を燃焼させる効果もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク