子供の学力や学ぶ力を養う最高の方法はコレ!

a115651

子供たちには教育が大切である事は誰でも理解していますよね。またお金をかければ好きなことを学ばせることはできます。もちろん、お金だけでは得られないこともあります。

「ただ単に提供していれば子供が勝手に学んでくれる」なんて思っていると、痛い目にあることもある。

そこで、経済的に成功している人に必要なことを聞いて、教えてくれることが望ましいが実際は難しい。
そんな経験を得られる機会なんて滅多にない。

将来、億万長者になれるほどの人とは言いませんが、自分の子供が問題なく、将来収入を得られるように面白いアイデアのヒントは読む本の中に隠されている。実際にはそれ以外にもある。
例えば経営者、投資家、作家、ブロガーなどの職業の方の知識や経験を学ぶことができたら将来役に立つと思いませんか?

スポンサーリンク

オンラインコースを受ける

ここ2、3年の間にネット経由だけで、オンライン学習教材やオンライン講座を利用して、好きな事が学べるようになっています。

自分のすきな場所から世界の裏の側まで学習できる時代です。
これを利用しない手はありませんよね。

教養を広げることは何事もプラスに働くことのほうが多い。

例えば日本では、大学講師陣による無料オンライン大学講座「gacco」が有名です。専門的な分野からニッチな分野まで興味深いものが学べます。

こんな分野もあるのか!それって一体なんの役に立つのだと思うようなものまで非常に楽しくなる。
難しく考えないで、気になったものを登録するのもいいかもしれない。
特に年齢関係なく学べることや特別必要なスキルを必要としないのがとても魅力です。

また語学に精通している方なら海外の無料のオンラインコースを利用しないのは勿体無い。
この海外の無料オンライン学習サービス17選というまとめ記事が役に立つと思います。

これは、世界中の高等教育が用意した一部のオンラインコースでしかありません。新しい発見の多くは常に海外から発信されていますよね。多様な文化に触れることも良い経験になると思うんです。

読書に興味を抱いてもらうには?

読書よりおもちゃやゲームの方が楽しいことは理解していますが、生活の中に本を読むということは欠かせないできごとの一つです。

何を読むにせよ本を読むことで、世界が広がりますし、虫の図鑑、鉄道やファンタジー小説などを読むことによって得られる事は実に多く占めている。将来の人格形成や心理に少なからず影響している。

文字だけで表現された世界は魅力が一杯詰まっている。
ページを捲るたびに知らない世界を想像したり、妄想したりすることは将来の興味につながります。
具体的に読書活動は、分からない言葉を学ぶ事につながり、学習能力を高めるだけでなく、読む本によって変わってきますが、ひとつひとつの言葉を理解することを学ぶことにより、柔軟な感性が磨かれます。

また言葉を覚えることが自分自身の表現力を高め伝えたいことを言いやすくなります。
ドラゴンや怪物が出てくるようなストーリを読むことで、創造力を豊かなものに導きます。

子供だけでなく大人にとっても人生をより深く生きる力を身に付けられるという分けです。

幼い頃から読書傾向がカギかもしれません。
興味を持ってもらうにはやっぱり小さい頃から大人もたくさん本を読むことですね。
例えば私が小さい頃は家の棚には無数とは言えませんが、ある程度本が充実していました。

何もやる事がない暇な時によく、手に取ってページを捲っていましたね。
正直これ子供が読んでいいものなのかという本までこっそり、隠れて読んでいた。
例えば正当な誰が読んでも問題ないものからこんな世界もあるということを知れた犯罪実録ものから世界の裏話まで今、考えると読書傾向がおかしいと思いますが、これが今につながっているのだろう。

ちょっと特殊な例でしたが、何かを書いたり、表現できるようなことにつながる。そんなツールでありながら知らない世界を繋ぐ立派な経験になる。

読むことが苦痛でなく楽しい時間になる様に大人が読むものを勧める大切です。

最後にまとめると「いかがわしいもの」は隠してもばれちゃう!
そんな本が見つかる確立が高いかもしれないので、最後の帯に「これ以外の本をしっかり読んでおくれ」父よりと書いておいてもいいかもしれませんね。責任は持ちませんが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする