滑り止めヨガソックスは、全身バランスの安定性、それに柔軟性を手に入れるメリットがある

4432e52d5f7a44c5c36a0f2

ホットヨガや、汗を掻きやすくマットが滑りやすい時に使用すると効果的な滑り止め対策になる「ヨガソックス」にはどのようなメリットがあるのだろうか?

特徴として、ヨガにトレーニングを妨げないフィット感や滑りにくい靴底になっています。つま先に穴が空いたタイプや、「つま先とかかと」が空いたもの、五本指のヨガソックスなどの種類があります。

マットを使用しないで、ヨガを行っても滑らない強力なグリップが付いているソックスもあります。ヨガでは足首、つま先にそんなに重要視されていないように感じますが、様々なポーズを取る事を考える上でつま先、足首などのコントロール、バランス、筋力が必要になります。

つま先に力を入れて難しい姿勢を行う時に高い柔軟性が必要なために靴下のつま先に穴が空いています。自由に五本指を動かす必要がある事を考えると、極めて重要な部位になります。

スポンサーリンク

メリットを考えてみた

YouTube Preview Image

ヨガ靴下滑り止めを使う利点は、3つあります。もっとあるかもしれませんが、靴下の底の部分に滑り止め防止のグリップが付いているので、難しい姿勢を取っても安定してポーズを維持できます。バリエーションが多彩な戦士のポーズをやる上で足元がしっかり、地面に密着している必要があります。そのため、つま先や、靴下のグリップ力が大切なのです。

ヨガの姿勢が上手くできない人や、難しいポーズを行いたいという方は滑り止めヨガソックスを一度使ってみて下さい。なぜなら、ヨガの目的の一つに正しい姿勢と、バランスが重要だからです。

足の筋力が足りていない、体のバランスが思っていた以上に弱いと感じている場合は、体中に筋肉痛のような痛みが起きますし、筋肉の伸縮の影響でケガを引き起こす原因になります。多少、体が固くても足元がしっかり固定出来ていれば、これらのリスクを最小限に抑えられると、思います。

他には、冬でも足元が暖かく、ヨガを行うモチベーションがあまり下がらないです。またマットや床を汗で気持ち悪くしなくて済みますし、転倒防止という効果もあります。常にマットや足元を清潔に保つことに繋がる素晴らしいソックスです。

滑り止めヨガソックスはどれがいい

正直、履ければいいという思考の持ち主の方はどれでもいい気がします。この記事にたどり着いた人は、失敗したくない高品質なヨガソックスを探している人だと思います。

【特別限定モデル】PierYoga ピアールヨガの滑り止めつき 指なし 五本指ソックス (ピンク, 22~24センチ) バリーフ(Baleaf) ヨガソックス 五本指 滑り止め付き グレー
素材がコットン90%、ナイロン7%、ポリウレタン3%という裸足のトレーニングにピッタリな仕様になっています。足のサイズは22~24センチ用です。 素材が90%コットン、10%スパンデックスという伸縮性のある素材で作られており、通気、抗菌、防臭対策もバッチリです。 もうひとつぐらいお勧めしたかったけど、ロクな製品がなかったです。他のを購入しようと思ったら、ヨガ専門店で買った方が幸せになります。

実際に靴下を履いてみないと分からない点も多くあります。しかし、メーカーや素材を気をつければ後悔する回数が減らせます。とりあえず、通気性の良い材料で作られたオーガニックコットン90%や、軽量、伸縮性に優れたスパンデックス素材を目安に選ぶ事をお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする