毎日ぐっすり寝ても疲労が抜けないなら「肝臓を休ませる」と元気になる

仕事中毒やバランスが悪い食生活を続けていく中でダメージを受けやすいのが肝臓です。肝臓がダメージを受けていると疲れが抜けにくい体になるという。肝臓をいたわろうと思い立ち真っ先に始めたいのが「休肝日」。

最近なんだか「だるい、疲れやすい」人は肝臓がダメージを受けているかも。

私達を日々支えてくれる「肝臓」は年中無休で働いてくれますが、肝臓に悪いことを毎日の様に続けていると体に有害な物質を分解してくれる機能が低下してしまい、肝炎などの肝機能障害や体調不良を招くことも。

毎日のようにアルコール摂取したり、肝臓の負担になるような食事などの生活習慣を続けていく中でダメージを受けやすいのが肝臓です。そんな疲れ切った肝臓をいたわり、ケアしていく方法を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

適度なアルコールの摂取は女性の肝臓を破壊するリスクを高める

とくに男性と比べて女性の体はお酒に弱いと言われています。その理由はエストロゲンという女性ホルモンが関係しています。

エストロゲンが体内に多い月経前は特に肝臓のアルコール代謝を遅くすることが分かっています。そんな時にアルコールを大量に飲んでしまうと長時間体内にアルコールが残ってしまいす。なので、女性の方がアルコールを飲むと男性と比べて害は出やすいということになるという分けです。

女性はアルコール性肝障害になりやすいということも分かっていますので、友人や会社の人との飲み会、外食してお酒を飲む機会が増えていく人はとにかく、アルコール摂取量を控えることが大切です。

食べ過ぎが肝臓を壊す

毎日の様に多量にお酒を飲んだり、ごちそうを大食いすると確実に肝臓に負担を掛けること理解できたと思いますが、肝臓に優しくするために実際にどのような行動を取ればいいの?

肝臓を労わるために適正な栄養バランスのとれた食事が大切です。

食事は塩分・アルコールの摂取を控えことが重要になります。具体的な食べ物は「缶詰食品、ジャンクフード 、燻製、塩漬け、脂肪たっぷり付いた肉、甘いお菓子」の量を減らすことが休肝日の近道になります。

肝臓に優しい食べ物

魚介類や野菜は肝臓の機能を強化することができます。緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンが肝障害予防に役立つことが分かっていますし、魚介類は滋養強壮の効果があるタウリンが豊富に含まれているので、定期的に摂りたい食材です。

■カボチャの栄養素は優秀:ビタミン、酵素、繊維、蛋白質、カルシウム、マグネシウム、ペクチン、カロチンなどを多く含んでいます。

カボチャ特徴は、胆汁の分泌を促進することできます。これは、体内で有害物質が中和されてしっかり外に排出ことを意味します。

野菜の治癒特性がハンパなく凄いことが分かりますが、すべての野菜が肝臓に優しいとは限りません。冷蔵庫にあると助かる、三大野菜のにんじんは視力回復に役立ちますが、肝臓の回復に役立つという情報がありませんでした。

なので、野菜は脂肪分が少ない植物油や緑黄色野菜のトマト、キャベツを中心に献立を考えて、作り食べる事で、体にたまった余分なコレステロールも下げられます。

野菜ジュースで簡単に補給トマトとザクロジュースは肝臓を守る強力な盾を形成します。アミノ酸の一種であるベタイン、鉄と亜鉛が豊富に含まれています。

亜鉛といえば鉄です。これはアルコール中毒状態の肝臓に役立ちますが、鉄と亜鉛を過剰に取り過ぎてしまうと逆に体に負担を与えてしまうので、飲みすぎ食べ過ぎに注意しましょう。

食べるべき食べ物の見分け方は意外と簡単です。肝臓優しい植物の色は赤、オレンジ、黄色の果物と緑黄色の果物や野菜を選ぶといいです。

飲料、食品、調味料で有名なカゴメ公式サイトに興味深いことがかかれていました。肝機能の回復に役立つ健康成分スルフォラファンが効くことがわかっています。

スルフォラファンは、毎日「解毒」や「代謝」に忙しい肝臓をサポートし、肝臓において(1)化学物質の解毒を担う解毒酵素や(2)酸化ストレスを軽減する抗酸化酵素の産生量を高め、さらに(3)肝臓の炎症を抑えることがわかっています。

スルフォラファンは、ブロッコリーの新芽にとても多く含まれていると言われていますが、ブロッコリーの新芽なんて売られていませんよね。

そんな時はサプリメントで簡単に補給できます。

そもそも忙しくてまともに食事を作る時間がない人が大半ですよね。バランスが良い食事を取るべきだと分かってはいても、毎日作るのはちょっと無理な時はサプリに頼ることも賢い選択のひとつです。

サプリメントなど食事以外の形からビタミンはもちろん、スルフォラファンという成分が肝臓機能を回復してくれるので、助かります。お酒の飲みすぎはもちろんよくありませんが、飲みすぎた時に服用するだけで肝臓の機能を高めてくれるこれほど嬉しいことはないと言ってもいいですよね。

Amazonレビューにもまったく同じコメントがありました。

ほぼ毎晩お酒を飲む酒好きの私はどうしても肝臓に疲れが溜まりやすくウコンを飲んでみたり、いろいろと試した中でこれほどてきめんに効果のあった物はありません。

私も二日酔いの時に高麗人参やウコンを服用し、試してみてもそんなに疲れが抜けたのかな~?とあやふやな感じしか実感できませんでしたが、就寝前に飲んで翌朝のだるさがほとんどありません。

いろいろ比較してみましたが、某有名メーカーの商品はとにかく高い。そのため身体に良くても購入しづらいのが難点ですが、これは値段も含有量も良心的だと感じました。身体への効果や実感はそれぞれだと思いますが、このサプリ自体は非常に身体にいい影響があると思いますので、使い続けていきたいと思います。

スルフォラファンを定期的に服用しようと考えるとコストが掛かってきますよね。さらに他の健康食品や栄養補助食品も毎月買っていると家計に大打撃できす。その点こちらのメーカーさんは1か月分に掛かるサプリメントが安いというメリットが消費者にとっては嬉しいです。

肝臓に負担を掛けると言われている食べ物についての嘘?

肝臓に良い食べ物を食べていても悪いものと一緒に摂取すると意味ありませんよね。インターネットで情報収集してみた結果一部の野菜は肝臓に負担をかけると言う意見がありました。

実際にそうじゃない肝臓に悪いかもしれない野菜の嘘?

エンドウ豆などの豆類にピーマン、大根、カブ、大根、ニンニク、ほうれん草が負担をかけるという記事を見かけましたが実際は安全性が証明されています。

これはたぶん食べすぎがダメだということでしょう。エンドウ豆などの豆類を食べ過ぎてしまうと体内で消化しきれずに肝臓、腎臓に負担がかかというわけです。

注意を向けるべきは生活習慣

何が言いたかったというと不健康な生活を続けると肝臓機能が回復するのに長い時間になります。また肝臓の病気だけでなく、他の臓器にも大きな影響を与えます。

脂肪分が多いお肉や塩分の取り過ぎは肝臓に害になることは知っていますが、食品や摂取の仕方だけが問題ではありません。たとえば、ぶくぶくと太った体の内側に肥満が多くたまっていると、脂肪が蓄積してしまう脂肪肝になったりします。

また外食三昧で、食べ過ぎ&飲み過ぎで普段の食事が偏ったりすると、食べ物が肝臓での代謝が間に合わず、体に吸収されるはずの栄養成分が利用できない形のまま血液に垂れ流したり、毒性が中和されないまま血液中に出てしまったりします。

自分自身の人生を振る変えると、健康に悪い生活習慣が分かってくると思います。その上で普段からいろいろな対策を付加するのが効果的です。

■エクササイズすることで、肥満に関する疾患が防ぐことができます。もちろん肝疾患のリスクを低下させることも可能です。一般的な肝臓疾患の非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)予防・改善にも役立ちます。

■薬に頼りすぎることが肝臓をダメにしています。コレステロール値を下げる薬や体の痛みを抑える鎮痛剤などの薬剤は肝臓に負担をかけることが分かっています。さらにこれら薬を同時に服用していると肝臓にマイナスの影響を与える可能性があるということを覚えておきましょう。

■サプリメントや対策製品が世の中に溢れていますが、サプリに頼る時は、上記に書いた事に注意することが前提です。生活の基本がおぼそかでは、何を使っても効果はほとんど期待できません。

食事をしっかり摂ることが一番ですが、弱った肝臓を回復させるためのサプリ「肝パワー」はお酒を飲む人にとっても、心強い味方となってくれるはずです。

なぜなら、身体に良いとされる特定の成分が配合されているからです。ミネラルの種類、ビタミン類の種類も十分に補えます。しつこく言いますが、サプリメントだけで何とかしようと考えないように注意!飲み過ぎ、食べ過ぎをしない、食事に野菜の中でも葉緑素が多く含まれる食材をしっかり摂る。大食いにならないように良く噛んでゆっくり食べる事も忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする