赤ちゃんのお尻のかぶれ解決!布おむつ&おむつなし生活

AI2 Cloth Diaper w/Internal Gussets

赤ちゃんのおむつは、現代社会に必要なアイテムとなっていて人気があります。それにもかかわらず、両親と医師の間で多くの誤解を含んでいます。

紙おむつは、おむつかぶれの原因となる。

これが最も頻繁に登場する、おむつかぶれの原因という事情がある。皮膚が薄い赤ちゃんは、おむつと皮膚の摩擦によって損傷し、細菌の繁殖が容易であり、発疹がある。相互作用に形成された沈殿物に含まれている迷惑な物質により、下痢、アレルギー反応を起こしやすい。オムツ交換を早めにしてあげることで皮膚衛生を最適にして、細菌の繁殖によるかぶれを避けることができます。

現代の紙おむつ

なぜ、紙おむつは吸収力がいいのか?最近の快適なオムツはゲル化材料を含んでいます。これは、水分を吸収し、内部でそれを保持します。おむつかぶれ時の赤ちゃんの肌は乾燥しているので、こすらないようにしましょう。そうならないために、赤ちゃんが自分自身の分泌物を汚れた直後に両親がおむつを交換する必要がある。

使い捨て紙おむつとは、対照的に布おむつは、子供の健康に害を与えない?実際に布おむつと紙おむつ、両方ともかぶれにくいかは一概に言えませんが、赤ちゃんのお肌の状態によって、合う・合わないによって選ばれているようです。紙おむつはより衛生的であり、最初に子供の健康を守る必要な物です。もちろん、おむつが正しく使用されていることを条件とする。

知っておきたいことは、濡れた布おむつには微生物が急激に増殖する。なぜなら通気性が悪い状態では、赤ちゃん自身の体温や尿の熱によっておむつの中は高温多湿状態になってしまいます。この状態を長期間放置すると泌尿生殖器系に関わる疾患の原因になる場合があります。

トイレを子供たちに教えることはより困難

赤ちゃんがトイレ学習を行おうとする、他の多くの要因に影響されます。まず第一に、それは、子供と自分の能力の全体的な開発に依存している。保護者の子供との相互理解を達成するために最大限の忍耐を行使すべきである。

ママやパパが子どものおむつを取り上げるのが「おむつはずし」。子どもの心と体の準備ができあがって、自然におむつがはずれていくのが「おむつはずれ」です。

子どもたちは、大人の社会のためにおむつをつけることをがまんしてくれていました。だから今度は、お子様自身が「おむつをやめたい」、「下着のパンツをはいてみたい」、「トイレでしたい」と思うようになるまで待ってみませんか? その日は必ずやってきます。
その日までに、子どもたちは言葉を覚えたり、おしっこをがまんすることができるようになったり、自分で歩いてトイレに行けるようなったりと心と体の成長を見せてくれます。こうした成長を楽しんでいるうちに、自然におむつとさよならしていくものなのです。

出典:おむつはずれとトイレトレーニング

精神科医や心理学者によるとトイレを教えるベストな時期は12~18ヶ月とまちまち、早い年齢では、ほとんどの子供たちは準備ができない。適切にトイレ学習を学ぶことや穏やかで前向きな姿勢が重要とされています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク