酸味が魅力ハイビスカスティー

a118564532_m

酸味のあるハーブティーの一つに挙げられるのが、ハイビスカスティーです。冷やして飲んだり、そのまま熱い状態で飲んでも美味しく、その入れたてはルビーのような赤色が魅力的です。

本当に酸味があり、夏バテ予防に効果的であり主な作用は、消化機能促進や疲労回復が得られます。味も美味しく、そのままストレートの状態で飲んでも良いですが、酸っぱいのが苦手な方は、蜂蜜や砂糖などを追加して入れることにより飲みやすくなります。

スポンサーリンク

ハイビスカスティーとは

ハイビスカスティーとして使用されるものは、ローゼルという食用品種です。これらの多くは、中国やスーダンなどで生産されています。ハイビスカスは、インドが発祥の地と考えられているが、最近では暖かい熱帯気候地域と多くの国で栽培されている。

エジプトでは、国民的な飲み物としてハイビスカスティーが飲まれています。タイ、中国、スリランカ、インド、メキシコ、スーダン、エジプトなどでハイビスカスが生産されていて、主にアジアの国で飲まれている様です。

暑い気候を持つ国では、ハイビスカスの一般的な用途があり、このお茶は暑い夏を乗り切るためや喉の渇きを癒すに優れています。冷温両方のドリンクとして飲むことが可能です。

ハイビスカスティーを飲む利点

古代アラブのヒーラー達によると、ハイビスカスには、ほぼすべての病気を治すと信じられていたほど薬効としての効果があった。成分のアントシアニンが鮮やかな赤色を引き出し、抗酸化活性あり、顔料や飲料の治癒に使われていました。

したがって、顔料や飲料として使われていた利点は、癌の変性や細胞を保護、血管を強化し、心臓の健康や肌に効果的だということが昔から分かっていた様です。

アントシアニンもローゼルに含まれるコレステロールプラークの形成を防止するリノール酸が含まれていますので、エネルギー代謝を促し、夏バテ疲労回復に期待できます。

また血圧に影響を与えないことが知られており、高血圧、低血圧など、緑茶や黒茶とは対照的に安全である。ハイビスカスのお茶の利尿作用のおかげで、泌尿生殖器系の疾患に苦しんでいる方に最適です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする