子供が欲しいと妊娠することを決めた女性が特に注意すること

Army Reserve Nurse Delivers Baby in Rural Uganda - United States Army Africa - Natural Fire 10 - AFRICOM

妊娠中や出産の準備をする前に知っておくべきことがあります、ほとんどの問題は容易に回避することができます。妊娠前や妊娠中の治療について説明します。

妊娠中の虫歯の治療

妊娠中の女性は、歯科医を訪問しないでくださいと言われたり、適切な治療を受けたほうがいいと、放置した際のリスクと治療のリスクを比較して優位が認められれば治療を選択したほうが良いといわれていますが、実際に妊娠中に治療しても大丈夫なのでしょうか?

X線検査、麻酔、歯の治療に使用される薬が胎児に悪影響に影響を与える可能性があることを知っておきましょう。妊娠中は赤ちゃんの体の器官が形成される大切な時期なので、麻酔やレントゲン、薬などを使用しないで済む小さな虫歯の治療が安全とされています。しかし、長時間、仰向けで治療することで、おなかが圧迫されやすく体に負担がかかるので、虫歯がある患者は妊娠前に歯科検査を受けることをお勧めします。

妊娠することを決めた女性は、ワクチン接種に注意を払う必要がある

いくつかの感染症が胎児に回復不能な損害が発生するという事実。最も予測不可能で危険な疾患は風疹と考えられている。風疹は妊婦に感染すると胎児の奇形を起こす可能性があります。それは、妊婦さんが妊娠初期に風疹にかかると、赤ちゃんが「先天性風疹症候群」と言われる、多くの問題、難聴、心臓の奇形、白内障、精神発達障害などになる可能性があります。これは、最終的には流産や出生異常につながる。

予想される妊娠前3ヶ月間、この病気を免れるには、ワクチンを接種する必要があります。妊婦さんは赤ちゃんへの影響が心配だと思いますが、妊娠前にできる予防をやっておきましょう、夫婦ともに風疹の抗体をチェック、風疹ワクチンを2回していない場合は、生まれてくる子どもを守るためにも、風疹ワクチンの接種をお勧めします。

何かしらの薬を服用している場合は慎重に、医師に助言を求める

いくつかの薬は、妊娠前に数週間の間の服用を避ける必要があり、受精前の6〜12ヶ月間、服用を中止する必要があります。特に注意が必要なホルモンが入っている薬です。受胎前に少なくとも3ヶ月の服用を中止する必要があります。これらは、ビタミンCの吸収を低減し、マグネシウム及び胚に対して毒性効果を有するビタミンAの吸収を増加させる。

妊娠·出産は母親が重要な役割を果たしている

しかし、生まれてくる子供は、父親から受けた遺伝情報の半分を受け継いでいることを忘れてはならない。元気なお子さんを望むなら、男性の不妊原因にも注意を向ける必要がある。それは、精子が一人前の機能を備えていく過程を「精子の成熟」といいます。精子の成熟は約2.5〜3ヶ月かかります。この点で、精子に影響を与えることを控えることが良いです。元気な赤ちゃんを産みたいなら、男性はタバコやお酒の飲料を控える必要があります。どうしても飲みたい場合は、一日あたり100グラムの量の赤ワインが唯一許可されたアルコールとなっています。これらのアルコール量は非常に緩やかな量であると考えられている。

また、受胎前の男性は、3ヶ月の間、風呂やサウナを訪れてはならない、なぜなら熱い水温が精子の発達に有害な影響であるように、熱いお風呂に浸からず、シャワーで済まします。さらに別の制限もあります、それは、タンスにトランクスを補充する必要が前もってあることです。股間に負担を掛けると生殖構造の血液供給に影響を与えます。きつい男性用下着の着用を避けて、股間に負担の少ないものを選びましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク