地味な印象だけど女性の強い味方!「海藻」の秘めた美容と健康パワー

g45ag4Wg56asu4

きれいな髪を維持するには海藻を食べたほうが良いと誰もが聞いたことがあると思いますが、ダイエットや健康維持に欠かせない成分が豊富に含まれています。

便秘に悩んだり、髪の毛の調子が悪いなどの問題が解決できるので、女性が積極的にとりたい食材のひとつは「海藻」です。海藻を使った料理をイメージしてみると何となく地味な印象がありますが、海のミネラルを豊富に含んだものなので、女性の美容と健康には欠かせない食材なのです。

スポンサーリンク

海藻と言っても種類が豊富

普段食べているのは、褐藻類に属した「海藻」です。これらは0.5メートルから25メートルまでと長さがさまざまある。昆布といえば「だし」に用いられることが多い一般的な食材ですが、種類や産地など、非常に多岐に渡っています。

冷たい海(北極海、北大西洋、北海)育つ植物が栄養面で優れているそうです。また海水温度が20度以上になると枯れという。冷たい海で育った(昆布・わかめなど)は、ヨウ素がに豊富に含まれていて、海藻の中で濃縮されています。

ヨウ素の働き

ヨウ素は甲状腺ホルモンの成分であり、身体の代謝を支え、発育や新陳代謝を促進する 働きをします。脂質や糖質の代謝を促進し、余分な体脂肪を燃焼させる働きもあります ので、ダイエットに興味のある人はご存知なミネラルかもしれません。

ヨウ素の一番重要な働きと言えば、甲状腺ホルモンと呼ばれる成分であり、この甲状腺ホルモンは、体内のタンパク質合成を助ける働きや身体の代謝を支え、発育や新陳代謝を促進を活性化させる命令を伝える役割があるホルモンです。つまり、余分な体脂肪を燃焼させる働きがあるので、ダイエットに効果的ということです。

このホルモンがなければ、脂質や糖質の代謝が悪くなり、体調がすぐれない状態になります。

女性の悩みを解消する栄養が豊富

海藻は海に浮かぶ栄養の王様といっても良いかも!まず見逃せないのが、お肌の美容に欠かせないビタミン、ミネラル、アミノ酸など優れた栄養が含まれている点。また、体内に溜まった余分な毒素を浄化するのに役立つことです。

■また、美しく健康な肌や髪をつくるうえで必要な多糖、果糖、アルギン酸、ヨウ素、ビタミンB1、B2、B12、D、A、E、アスコルビン酸、カリウム、繊維などを含む。ビタミンの含量では、多くの果物や野菜を凌駕しています。

■海藻は、消化や代謝を向上させることができたり、免疫系を強化し、甲状腺機能を正常する。さらに水溶性の食物繊維は、便日で悩む女性の方の味方になります。便の水分量を増やして、お腹に溜まった硬い状態のものをゼリーのようなやわらかい状態にしたり、体に不要な有害物質を吸着して体外に排出、それだけではなく腸内の善玉菌を増やす働きもあります。

中枢神経系や心血管系、毒素、放射性核種(海藻からなるが、甲状腺の機能を正常化するのに役立ち、容易に消化可能なヨウ素を大量に持つ)ということです。

水溶性食物繊維に含まれるアルギン酸がコレステロール値を下げ、コレステロールの吸収を抑える働きがあります。ダイエットや生活習慣病予防に役立ち太りにくい体質に導いてくれるというわけです。

■いくつもの化粧品に使われ若返りの海藻と言われるラミナリアは、体内で血液の血液循環を良くする。血流の活性物質、ビタミン類(特に重要ビタミンB群)、ミネラル、鉄などの一定の流れを必要とする際に邪魔になる古い細胞の破壊と新しい細胞もの入れ替える。

世界中の医師間では、アテローム性動脈硬化症、高血圧、冠状動脈性心臓病、慢性便秘にラミナリアの使用をお勧めします。体に溜まった毒素を排出したり、余分な重量を減少させるために食事に取り入れることが大切です。

積極的にとりたい海藻

海藻にもさまざまな種類があり、適当に選んでいると必要な栄養が摂取できないので、積極的にとりたいのが、わかめ、ひじき、昆布です。料理に取り入れやすいわかめとひじきは、ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランスよく含まれています。

■主にお味噌汁やサラダに使うわかめは他の海藻と同じく食物繊維が多く含まれていますが、水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維の二つの要素があるのが特徴です。コレステロール値を下げる効果があるアルギン酸や血栓予防作用や抗ウイルス作用など体の免疫細胞の活性に役立つフコイダンが含まれています。

さらに最近の研究ではがん細胞を死滅させる等して抗がん作用があるという。

■炒め物によく使うひじきは、カルシウムは牛乳の10倍以上ある。これは神経や筋肉などの働きに大変重要なミネラルなので、神経バランスを整えイライラを予防できあり、ダイエットをする方によって、脂肪を燃やしやすくする筋肉の働きに欠かせないというわけです。

また鉄はホウレンソウの25倍以上ある。これは若い女性に多い鉄欠乏性貧血やかくれ貧血を防ぐことができるというわけです。朝の目覚めが悪い、起きづらい、毎日肩がこる、めまい、そんな体調不良を感じているなら鉄が不足しているサインなので、1日3食の食事の中に取り入れるように心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする