長すぎる労働時間はストレスを生む「時間管理」7のコツ

a1180_01656_m

長すぎる労働時間は苦痛、だらだら過ごす無駄な時間はストレスになる?

私達の必要な時間は限られていますが、仕事や家事などが忙しく、なかなか自分の時間を取れていない人も多いと思うんです。

実際には、地球の人口の大半は十分な時間を取れている人も多くいます。
忙しい時間がないという人の多くが24時間という限られた時間をうまく利用する方法がわからない。

自分が上手く時間管理ができていないのか?周りの人達が奪っているのか?と考える事がよくある。

スポンサーリンク

時間管理のテクニック

時間管理のテクニックを習得するには短時間で学べるものでもない。
日常に染み付いた習慣を変えることは難しいです。
短い時間でより多くことを実行するという意味ではありません。

これは、時間管理を適切に計画する方法を学習します。
何かを得るためには物事に優先順位を決めなければ得られるものを得られないように自分で計画した事柄を変えたり、逸脱したりすると意味がありません。
なので、すべてやろうと思わず、実行可能なことからやっていくことをお勧めします。

ここでは、より効率的かつ、無駄なケースに対処することに役立ちます。

手始めに一日の整理を行なう

1日が見えて時間管理がラクになる。
明日必要なことをメモに書くことを行なうだけでも時間を意識できるだけでなく、これが時間を奪っていたのかと理解できるようになる。
自分が一日何をやっていて、行動しているのか、自分を知ることが緊急の課題である。これは出来る限り、毎日行なう必要があります。

一日何をやるのか予想し、計画を立てることが可能になります。
もし、仮に緊急な事や不測の事態に陥っても修正できる。
例えば昼の時間帯にやるべきことがあったが、その時間に急な用事が入ってできなかった。という際に別の日にずらせるように計画が立てやすくなります。

具体的な計画を作成することが後に頑丈な骨格を作れるという分けです。

ただ仕事の事を計画するだけでなく、生活に必要なことも大切!(食べる時間、お風呂の時間)などの物理的な活動や友人や家族と会うことも含みます。
もちろん、TVを見たり、読書したり、リラックスする休憩時間や睡眠時間も整理します。

優先すべきことを決める

人から手に負えない程の完璧主義と言われる、そんな人ならこの方法は意味がないかもしれません。

誰もが完璧主義者という分けではないので、やるべきことに優先順位を付ける必要があります。
すべての物事に対して、同じように努力や集中を傾けることは難しいことを知っています。

三つのやりたい事柄にひとつずつ時間を消費するよりも一つに絞ったほうが時間効率がいいです。
その一つを達成できた時に次のやりたいことを全力で行なえば良いという分けですよ。

自分に何が必要なのかを考え、時間ドロボーなことをやめる。目標となることがあり、長期的にそれが達成可能ある場合は、その事に対して時間を傾けることをお勧めします。

一番大切なことは短期的な目標です。
階段を無理に三段上るより、確実に一段ずつ上がろうという意味です。
何事もできることから小さいなことから設定することが重要です。

すべてを自分ひとりでやらない

やりたい事、やるべきことをできるだけ自分一人で行なわないようにする。
誰もが一人で、すべてを行うことはできません。

家族や他の人に甘えることも必要、時には他人に依存することを恐れてはいけない。
やってほしいことがある場合にそれを必要なときに助けを求めることを躊躇しない事がとても大切です。

その分野の仕事が苦手ならその分野の仕事が得意な人がいればその人に任せたほうが時間効率が高い。主婦の人でも休日がほしい日や体調が悪い日があれば、家事をできる人に任せればいいわけです。

時間が掛かる困難な物事から処理する

一日始まりは厄介な仕事から始める。
起きてから苦手で時間が掛かる物事から処理しないと疲れた状態を維持したまま午後のやるべき事や仕事に影響する。

簡単な事柄から処理したほうが効率良い場合もあるでしょう。
しかし、最後まで困難なことを後ろにずらしていると午後過ぎてやらなきゃと神経をすり減らして、ストレスとなる。

複雑な作業は朝一番に始めたほうがそのあとの精神状態が良いという分けです。

例えば学生時代の宿題を思い出すと理解しやすいと思います。
宿題を後回しにして、遊びを優先してしまい夕方になりやらなきゃと憂鬱になってしまったことが少なからずあるはずです。また夜になるまで宿題を後回しにしていると事態は最悪です。それと同じような感覚です。

このブログも朝起きてから一番にやるようにしています。
なぜなら一番時間が掛かるから。

一つの記事を書くのに毎回3時間、4時間ぐらい必要とします。一気に書けない場合は二日に分けている時もある。
書く内容を考え、その記事が役に立つか、誰に向けて伝えるのか、ターゲットを絞り、文章構成を組み立て、文章にしていくと一時間では終われなくてそのぐらい時間が必要です。

メインの仕事はアクセサリーを作っていますが、それは何年もやっているので、まったく困難なことではないので、昼過ぎぐらいからコツコツやっていける。それだけでなく「リラックス」しながら他の作業ができます。

困難な仕事を先にやることで、その日の残りの時間は、リラックスした状態で過ごすことができるので、他のやるべき事がより生産的に行なえます。

可能であれば、会議の時間を節約する

すべての会議の時間を減らせば良いという分けではありませんが、長すぎる会議は意味がない。

重要な問題を議論するために、必要な時間は10〜15分ぐらいだと言われています。
会話が頻繁に問題とは違う方向へ流れていっていることもある。
ダラダラと長い会議が原因で大幅に遅れることがあります。

必ずしも個人的に合う必要はありません。
必要な要件があれば携帯電話で相手と話をしたり、電子メールでメッセージを送れば要件は済むはずです。

ネットで調べれば2時間、3時間と会議が長い時間の無駄だ、次の業務に支障が出た!今日は残業だと愚痴も多いという事実があり、対面を通して必要以上に物事を伝える時間を費やすべきではありません。

難しい問題なら分割して計画する

難しい事柄を無計画に考えてしまうとデッドライン締め切り時間切れになる場合もある。
数日までにやらなきゃいけないと焦り、急いで物事を始めてしまうと焦りから失敗していまい、しんどい状態になります。

この状況は精神状態に悪く、生産性も低下します。
あぁもうダメだと考え何事に対してもイライラしたり、絶望的になってしまい全体的に最悪のことである。

もう時間がないという状況は急いで仕事を進めようとすればするほど、パフォーマンスが低下し、必然的に自分を破滅されてしまう。ずっと緊張します。

時間通りに作業することが意かに大切か分かったと思います。

何事も前もって計画することが必須です。
困難で時間がかかる事柄なら特に計画書を作成する。場合によっては数ヶ月前から効率的かつ時間通りに仕事を実行できるようにする。

完璧主義はダメ!

完璧に時間通りに動こうとすればするほど嫌になってきますし、誰でも完璧に時間通りにこなせる人は天才と呼ばれている方を除きほとんどいません。

何も考えず適当に時間を使うことがいけない。
優先順位を付けた重要なことや難しいことを先に持ってくれば、優先順位が低いことができなくても差ほど問題ありません。

明日の空いた時間に組み込めばいいことです。
しっかり時間管理ができていれば時間が余るようになってきます。
仕事、趣味、夢を叶えるために必要な時間が使えるようになります。

時間管理は生活や仕事を含め自分の時間と自分の努力に必要なことを割り当てる方法であり、一定の自己規律と忍耐が必要です。

はじめは一日ひとつでもいいから時間通りに動ければいいです。
難しく考える必要はありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする